三州瓦窯元
シノゲン瓦工業株式会社


 製品紹介

     三州陶器瓦

     防  災  瓦

     緩勾配用瓦

 屋根のQ&A

 マニュアル

     部分図CAD

     瓦寸法CAD

     屋根の割付

 問い合せ

 会社案内

     概要・案内図

     会社沿革
 
マニュアル

マニュアル 部分図CAD 瓦寸法CAD 屋根の割付

■屋根割付寸法 和−切 和−寄 和−入 S−切 S−寄 平−切 平−寄


和形−53A規格判−寄棟屋根

下記の寸法は、全て屋根面の実寸法で記載してあります。
破風板から袖瓦の出寸法(袖垂れの出)を1寸(30mm)としてあります。
軒瓦の出を2寸3分(70mm)としてあります。

gif 軒長さ=隅瓦左利幅+桟瓦利幅の倍数+隅瓦右利幅

=6.1寸+8.75寸の倍数+8.6寸

=8.75寸の倍数+6寸


gif Aの長さ=8.75寸の倍数+6.4寸

Bの長さ=8.75寸の倍数+2.0寸

Cの長さ=8.75寸の倍数+6.3寸



gif Aの長さ=8.75寸の倍数+8.4寸

Bの長さ=8.75寸の倍数+6.7寸

Cの長さ=8.75寸の倍数+8.4寸



gif 流れ寸法(屋根面実寸法)の割り付けについて

Aの流れ寸法=7.7寸の倍数(桟瓦の利足の倍数)

Bの流れ寸法=7.7寸の倍数(桟瓦の利足の倍数)

流れ寸法は全て、7.7寸の倍数にして下さい。
但し、中深桟瓦の場合は、

Aの流れ寸法=7.1寸の倍数+1.3寸

Bの流れ寸法=7.1寸の倍数


gif 壁際の割り付け寸法について

Aの長さ=8.75寸の倍数+7.7寸

Bの長さ=8.75寸の倍数+7.3寸



【その他の寸法(標準値)】
瓦座(軒先の野地板面からの高さ)=1.2寸から1.5寸
破風板の立ち上げ(野地板面からの高さ)=1寸
【備考】
1:三州瓦を安心してお使い頂くために、屋根勾配とその流れ長さについて、 次のような標準値を定めていますので、ご参考にして下さい (愛知県陶器瓦工業組合ROOFManualより)。
標準屋根勾配 4.0/10 4.5/10 5.0/10 5.5/10 6.0/10
流れ長さ 8m 10m 12m 15m 17m
2:軒先・破風をモルタル仕上げする場合は、モルタル分の寸法(例:1寸)を差し引いてください。
3:桟瓦の利幅・利足には、5厘程度の誤差があります。実際にお使いの瓦寸法を計ることをお勧めします。